復活! 酔虎伝〜いまだ酩酊

帰ってきたロドリゴ。
すっかりおとなしくなって…
<< ポールペン絵師は行く | main | 夜の徘徊 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
吾妻光良NagoyaJumpMeeting
2006.6.11 名古屋「TOKUZO」にて

待ちに待った日がついに来た。
サイコーだぜ!

しかし、こーして写真だけで見ると、ほんと、
ただのおっさんやな・・・。

今回メンバーは、いつものバッパーズを引き連れてではなく、
最小編成である、リーダー吾妻氏(g,vo)、牧裕(b)、
(ごめんね、牧さん、位置が悪くて全然うつらなかった・・・)

そして、ダイナマイト・岡地曙裕(ds)の三人。

二部構成のステージは、第一部がこのトリオでの演奏。
第二部は、地元名古屋のミュージシャンを交えての演奏となった。

・・・続きの前に↓クリックお願いね。
にほんブログ村 酒ブログへ
その日、僕が彼らを見たのは、僕が入り口で受付のオネーサンと
お話してる時。
ふと目を向けると、ちょっと先の店(当然飲み屋である)から
ふらりと出てくるオヤジたち。
「あ、吾妻さんだ」
おやじトリオはふらふらとこっちへ歩いてくる。
なんだい、もうできあがってるのか?
実は、彼ら、先日は大阪で演って、大いに飲んでしまったらしい。
特に牧さんはぼろぼろ状態のようで、必死の演奏が哀愁をさそう。
吾妻氏は、「液キャベ」が効いたらしく、徐々にエンジン全開。
岡地さんは、最初から大汗かいて熱演のため、すぐに抜けた感じ。
(このへんのところは酔っ払い同士がわかりあえる部分やね)
それでもエキサイティングな演奏と、笑かすMCで場内大盛り上がり。
なんたって、立ち見の場所も危うい大入りだ!

第二部は、吾妻氏命名の「南国ホーンズ」プラスkeyの8人編成。

はっきり言います。
「舐めてました・・・」
巧いです、南国ホーンズ!
吾妻光良トリオもいいけれど、やっぱりこれだよ!
ホーンが入らないと!
(あ〜羨ましいなぁ、吉祥寺音楽祭。バッパーズがタダで見られるなんて)


あー、フルメンバーのバッパーズが見たい・・・。

そういや、7月に新譜が出るそうです。

| ロドリゴ | これを聴いて泣け! | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:20 | - | - |









http://yoiyoi.jugem.jp/trackback/365
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ